こんにちは、編集長の石井リナです。

SNSコンサルタントをしていると、「Snapchatは1日で消えてしまうけれど、運用すべきか」、「Instagramは綺麗な写真ばかりを集めないといけないが、運用すべきか」などといった質問をよくされます。

どの質問も、SNSを活用するマーケターの質問としては的外れです。なぜなら、これらは企業本位の質問だからです。そして、SNSはいつまでも、ユーザーが主役のプラットフォームであり、これらは変わることはありません。

この大前提を理解していない企業が、SNSを運用した場合、現実世界で表現すると、以下のようなイメージになります。サラリーマンが突如として女子高生に話しかけ、商品のことを語りだし、押し売りをするといったように

SNSをきちんと理解できていないケース

女子高生=一般ユーザー サラリーマン=企業アカウント 

compass1-1 compass2-2

Instagramなどで自社の製品をここぞとばかりに投稿しているSNSアカウントは、女子高生(=ユーザー)同士のコミュニケーションを理解しておらず、女子高生(=ユーザー)たちが、彼らの話を聞くはずもありません。

一方で、SNSの使い方を知っている企業がSNSを運用すると以下のようなイメージになります。

SNSをきちんと理解できているケース

女子高生=一般ユーザー 女の子=企業アカウント 

compass3-3 compass4

 

なにを伝えたいのかというと、SNSをきちんと理解できている企業は、話しかける対象(=ユーザー)の行うコミュニケーションや、トーンとマナーを理解した上で、話しかけているということです。SNSにいるユーザーが、いまどのようなコミュニケーションをとっているのか理解し、その世界の中で馴染むよう、運用する、プロモーションする(=話しかける)必要があります。

SNSを活用する際の心得

SNSはあくまで、ユーザー同士が楽しむためのプラットフォームです。SNSにいるユーザーに対して接点を持ちたいのであれば、企業は人的、金銭的リソースを割いて腹を決め、運用するまでです。およびでないにも関わらず、無理やり、ユーザーの間に入っていくのは企業の方であると理解した上で、ユーザー同士が行っているコミュニケーションに近しい表現をしていく必要があります。プロモーションをする前に、きちんと心得ておけば、自社のSNS運用をする際や、プロモーションをする際にも、本質的に考えることができるのではないでしょうか。

 

Illustration:MADOKA

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
石井リナ
Post Author

石井リナ

COMPASS編集長 1990年生まれ。SnSnapで事業開発を担当し、COMPASSの編集長を務める。新卒でオプトへ入社し、WEB広告のコンサルタントを経て、SNSコンサルタントとして企業のマーケティングに従事。デジタルプロモーションを中心としたライター業や、セミナー講師などとしても活動を広げている。 執筆書籍:「できる100の新法則 Instagramマーケティング」 連載コラム: Webメディア「アドタイ」 #石井リナのゆとりですがなにか