現在様々な企業が、積極的な活用を見せている、Instagram Stories(インスタグラム・ストーリーズ)。投稿した動画や写真を下にスワイプするだけで、外部リンクに誘導できるという点は企業にとって、有り難い機能です。

7都市のチケット販売をInstagram Storiesで

女性をターゲットとした情報サイトBETCHES(ベッチーズ)は、Instagram Storiesの利点を利用して、コメディーショーのチケットを販売しました。4月1日に開催される、米菓子メーカーTImTam(ティムタム)がプレゼンツのコメディーツアーはアメリカ7都市で開催されます。開催日間近の3月30日、BETCHESのInstagram Storiesでは以下のような投稿がありました。

(チケット残りわずか!自分の街を見つけてスワイプする準備を!)
BETCHES Instagram Storiesより


その後、各都市の名前が書かれた投稿が7都市分続いて投稿されます。

Los Angeles

New York

BETCHES Instagram Storiesより

そして各投稿を下にスワイプすると、それぞれの都市のチケット売り場に飛び、購入することができます。


BETCHES Webサイトより

売り切れ対応も抜かりなし

チケットが完売し、また、チケットが売り切れになった会場のStoriesの投稿は削除対応をしました。そして、該当都市に新たに「SOLD OUT」の文字を入れ、再投稿しました。

BETCHES Instagram Storiesより

このように、チケットの売り切れを投稿することで、タイムリーなチケット情報をフォロワーに伝えています。どんどんチケットが売れていく様子を投稿することで、購入を迷っている人への購買促進に繋げることもできます。

それぞれの都市に合わせたリンクを貼り付ける施策は、ユーザーにとって、会場を選択する手間が省けるため、親切な取り組みです。また、ダイレクトマーケティングにも活用できるという点でも、Instagram Storiesは企業にとって重要なプラットフォームではないでしょうか。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
丹羽めぐみ
Post Author

丹羽めぐみ

東京出身。1995年生まれ。大学では洋画をもとに海外文化を研究。ファッション系ウェブメディアでライターとしても活動中。海外旅行と映画観賞が大好き。