コーチェラ・フェスティバルとは正式名称をCoachella Valley Music and Arts Festival(コーチェラ・ヴァレー・ミュージック・アンド・アーツ・フェスティバル)と言います。(以下コーチェラ)。開催がスタートしたのは1999年で、今年2017年は第18回目の開催となっています。アメリカ最大規模の野外音楽フェスティバル(以下フェス)で、世界屈指の音楽フェスとして世界で認知されています。


VR
・ARコンテンツで会場を盛り上げる

コーチェラは昨年(2016年)の第17回目の開催の時からVR配信を開始しました。フェスのチケットを購入した人には入場のリストバンドとともに、オリジナルデザインのVRゴーグルが提供されるほか、専用アプリを通してVR映像化されたアーティストのライブステージやインタビュー動画・会場の様子が配信されます。

CoachellaオリジナルデザインのVRゴーグル

 

また、アプリ自体は無料でダウンロードできるため、フェスに実際にいけない人もスマートフォンとVRゴーグルを持っていれば映像を視聴することができます。

Discover VR adventures and hidden AR experiences with this year’s Coachella VR app. Aim it at your Welcome Box…

Coachellaさん(@coachella)がシェアした投稿 –

AR機能を紹介する投稿

 

今年(2017年)はVR・ARアプリが配信されています。アプリをかざすと、サメが天井に登場して泳ぎます。とてもユーモアのある仕掛けです。また、Instgaram Storiesを活用して、VRアプリのダウンロードを促進させています。


ARアプリを起動した様子

Good beats & good views @feelmybicep // @coachella #Coachella2017 #DiscoShark // Coachella AR/VR link to download in bio

Camera IQさん(@cameraiq)がシェアした投稿 –

ARアプリで登場したサメが実際に動いている様子


オフィシャルアプリは、プレイリスト、スケジュール、MAPなどの複数機能が

アメリカ最大規模の音楽フェス、コーチェラはオフィシャルアプリの配信を行っています。オフィシャルアプリで利用できる内容は多岐に渡ります。

 

1.プレイリスト

オフィシャルアプリからApple Musicに飛ぶと、コーチェラに出演するアーティストの代表曲をまとめたプレイリストに飛ぶことができます。事前にアプリをダウンロードし、アーティストの楽曲の予習にも役立ちます。


コーチェラのプレイリスト一覧


Coachella 2017 Official Playlist

 

2.スケジュール

当日のタイムスケジュールも、アプリによって確認できます。スマートフォン1つあれば、スムーズにフェスを楽しむことができると言っても過言ではありません。


時間ごとに整理されたタイムテーブル


ステージごとに整理されたタイムテーブル


時間とステージを1まとめにしたタイムテーブル

 

タイムテーブルは日程と会場がわかりやすくまとめられているだけではありません。アーティストの詳細ページからも、確認できる仕組みとなっています。


詳細な出演情報と通知のチェック欄。Apple Musicへのリンクも

 

詳細ページに飛ぶと、複数回出場するアーティストの場合は他の日程が記載されているほか、Apple Musicのページ、SNS、公式ウェブサイトのリンクが記載されています。

「気になっているけどステージに実際に観に行くか悩んでいる」、「有名な曲は聴いたことがあるけれど、他の曲を知らないからステージを見に行く前に聴いておきたい」と言った気持ちを持っている参加者にとってはとても役立つ機能です。この画面で、出演予定時刻・会場の記載されている横の☆マークをタップしておくと、出演時間が近づくと通知でお知らせしてくれます。

 

3.MAP

コーチェラは野外音楽フェスのであり、大きな会場内に多数のライブステージや、多くのトイレ・レストランなどがあるため、どこに何があるのかがわかりやすくジャンルごとに分けられているマップがあります。


マップのジャンル分け


マップの一例


会場に足を運べなかった人もライブ配信で楽しめる

先ほどご紹介したプレイリストや、VRアプリに共通しているのは、コーチェラは実際に会場に来れなかった人にも楽しめるコンテンツをオンラインで配信しているということです。

コーチェラはオフィシャルアプリ、オフィシャルサイトで共にウェブキャストを行っています。会場全体の様子・ライブの様子を配信するもので、これをスマホ上・PC上で視聴するだけでも面白いのですが、VRで見ると、まるで会場にいるかのような気分になれます。

 

加えて、コーチェラはSNSの運用も活発に行っています。TwitterやInstagramといった気軽に投稿・視聴のできるSNSに多数の投稿をするだけでなく、Youtubeチャンネルにライブの映像を録画したものを投稿しています。


Coachella Youtubeより


参加した人もできなかった人も楽しめるようなデジタルコンテンツを

実際に会場に参加した人も、参加できなかった人もどちらもそれぞれの状況で楽しめるデジタルコンテンツを提供しているコーチェラ。

ライブの映像を配信するサービスなどは前から他のイベントやフェスなどでもありましたが、実際に会場にいる人がARで楽しめるデジタルコンテンツというのは非常に新しい取り組みなのではないでしょうか。

アメリカ最大規模のフェスにおけるこのような取り組みは世界中のフェスにも広がっていくかもしれません。

 

 

All photos by
Coachella Webサイト,Coachella Facebook,Coachella Apple Music、iOSアプリ「Coachella 2017 Official」

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
竹林広
Post Author

竹林広

1996年生まれのフリーライター。京都出身。慶應義塾大学文学部に在学し、人間科学を専攻。フリーライターの父を持ち、父の働く姿を見てライター業に興味を持つ。趣味は温泉と寺社仏閣巡り。