4月29日、30日に巨大音楽フェスティバル「EDC」が海浜幕張で行われました。会場内には、プレミアムビールブランド、ハイネケンのブースが登場。自分だけのミュージックビデオが作成できるというボックスが用意され、賑わいを見せました。

 

複数台のカメラ前でリップシンクを

ボックスの中に入ると、撮影の仕方を音声ガイドが丁寧に説明してくれ、プリクラを彷彿とさせるような仕組みとなっています。

RIP SLYME(リップスライム)の楽曲「楽園ベイベー」に合わせてリップシンク(口パク)をすると、ミュージックビデオのように編集されるというもの。カメラは複数台、上下左右に用意されているため、矢印が出る方向に合わせて目線を合わせていきます。

一通り説明が終わると撮影に入ります。撮影が終わると、右下から、QRコード付きの紙が排出されます。

QRコードを読み込むと、編集された動画が掲載されているページに飛び、そのままSNSにシェアすることが可能です。

真横にはフォトスポットも用意されており、撮影した写真もしくは、ミュージックビデオを自身のSNSに投稿すると、ハイネケンが1杯無料になるという施策も。

形に残るモノを企業が提供する

音楽フェスという盛り上がっているシチュエーションで、友人との思い出をミュージックビデオというカタチに残すという施策。その場で自分自身のミュージックビデオを生成できるというのも、驚きのある体験型企画ではないでしょうか。リアルイベントというシーンにおいて、『形に残るモノ』を企業が提供するという傾向は、今後も増えていきそうです。

 

Photographer:Shohki Eno

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
石井リナ
Post Author

石井リナ

COMPASS編集長 1990年生まれ。SnSnapで事業開発を担当し、COMPASSの編集長を務める。新卒でオプトへ入社し、WEB広告のコンサルタントを経て、SNSコンサルタントとして企業のマーケティングに従事。デジタルプロモーションを中心としたライター業や、セミナー講師などとしても活動を広げている。 執筆書籍:「できる100の新法則 Instagramマーケティング」 連載コラム: Webメディア「アドタイ」 #石井リナのゆとりですがなにか