ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで導入された、ウェアラブルパス「MagicBand(マジックバンド)」をご存知でしょうか?ウェアラブルデバイスは近年、便利性に優れたアイテムとして注目されていますが、そのウェアラブルデバイスは、早くもアミューズメントパークであるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートに導入されました。

年間1,000万人超の来場者数を誇るアメリカ・フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートでは、紙のエントランスパスの代わりに、MagicBandと呼ばれるリストで様々な機能を使用できることから注目が集まっています。今回は、MagicBandの機能性や制作に至るまでのシステム開発の裏側に迫っていきたいと思います。

可能になるインタラクティブコミュニケーションとは

MagicBandは、2013年秋よりアメリカ最大級のディズニーワールドとして知られる、フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートで導入されたシステムです。

image00
POPULAR MECHANICSより

この、MagicBandで可能になるシステムは以下の5機能です。

1.入場する際のパークチケット
一部では、紙のパークチケットを使用してパークを楽しむことも可能ですが、パーク各所でセンサーにかざすだけで、チケットとして使用可能。

2.ホテルのルームキー
ディズニーワールド直営ホテルでホテルのルームキーとして使用可能。

3.ファストパス
アトラクションの事前予約を行うことが可能で、1回で3アトラクション分の予約可能。ファストパス予約の詳細は、ディズニーワールドのアプリより動向を確認できるので、アクション乗り逃すことがありません。

4.フォトパス
パーク各所で撮影された写真では、ディズニーの公式サイトにて登録した自分のバンドにデータを保存しあとから、購入可能。

5.カード決済
パーク内のお土産やキオスクでの決済も、自前に登録したクレジットカードから引き落とし可能。

 

上記機能がすべて1つにバンドで済ませることができる高機能なウェアラブルバスとなっています。MagicBandは全来場者対象というわけではなく、ディズニーワールドホテルに宿泊もしくはディズニーワールドの年間パスポートを所有している来場者は、自動的に配布されます。MagicBandを使用したい場合、ディズニーワールド直営ホテルに宿泊することが前提のようですが、ディズニーワールド直営ホテルに宿泊していなくても、パークのエントランスにて購入が可能です。

MagicBandの種類も全7色から選択可能で、パーク内で付属品を購入してカスタム点、高機能なシステムはもちろん、デザイン性にも優れたアイテムです。今年の春頃には、新作映画『スターウォーズ』とのコラボレーションで期間限定のデザインバンドも登場し、お土産としても人気のアイテムとなっています。

image02
FASTCOMPANYより

1,000億円をかけ実現したMagicBand

3社と手を組み、1,000億円かけて実現したのがMagicBandです。デザイン部門・テクニカル部門・製造部門それぞれ、別の会社が手掛け、開発・構想にも研究に研究を重ね実現したバンドです。マジカルバンドデザインを一任したのはデザイン会社Frog。FROGがディズニーのイマジニアーとタッグを組んで実現した商品です。テクニカル部分を支えてたのはアメリカ・サンフランシスコにある商品開発会社・コンサルタント事務所で知られる Synapse Product Development 。SPDはMagicBand以外にも、ディスニーパークと連動したアプリMy Disney Experienceや、ディズニーのWEBサイトも一任して手がけており、全面的にディズニーのテクニカル部門を支えています。

MagicBand商品開発マネージャーのリッチ・カリアド氏のコメントでは、「3社のタッグによってデザイン・技術・製造でハイレベルなものになった」また、「世界を牽引するデザイン、エンジニアチームによってコンセプトからプロダクトビジョンを引き出すことができた」と語られています。

タッチ機能は まだ改善の余地あり?

今年でMagicBandの導入がされて、3年が経ちます。MagicBandを用いたことで見られた変化も沢山ありますが、バンドの技術的な便利性は未だ改善の余地がありそうです。

image01
RFIDJournalより

ウォルトディズニーの体験開発ディレクターダン・サト氏のRFIDJournalのインタビューによると、「ディズニーは今後、MagicBandをリーダーなどに認識させる必要のないアクティブ*RFIDタグを導入したい」と考えていると言います。MagicBandを導入したことで興味を示した来場者が増えてこともあり、MagicBandのスピード、簡単にファストパスのアップデートを行えるような技術的な改善に努めたいと語られています。

さらに、他の施設でもMagicBandの機能を導入したいという考えを示しています。日本をはじめ世界中にあるディズニーパークにMagicBandが導入される日は、思っているよりも近いかもしれません。

*RFIDは、Radio Frequency Identification と呼ばれるもので、多くの場合、ICタグ・電子タグ・非接触タグなどと呼ばれています。電波を使って人やものを認識するシステム。

 

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
Sarah Owie
Post Author

Sarah Owie

ファッションマルチエディター志望の1994年生まれ。現在カナダの大学を休学中。ファッション系ウェブメディアでのライターや、ライフスタイル系キュレーションメディアのキュレーターとしても活動中。ひそかに自身のインディペンデントマガジン発行に向けて日々邁進中。