2017年7月12日から同年7月17日にかけ、ネスレグループの飲料ブランド「ペリエ」(Perrier)が、ニューヨーク市のグリーンストリートの一角に、フォトジェニックなポップアップストア「The PERRIER® Flavor Studio」を設置しました。このポップアップストアには随所に、Instagram映えする写真を撮影できる仕掛けが施されています。


世界で愛されているスパークリング・ウォーター「ペリエ」


ペリエ公式サイトより

 

ペリエは、南フランス産のスパークリング・ナチュラルミネラルウォーターブランドです。ペリエは世界中で販売されており、特にヨーロッパでは多くの飲食店のドリンクメニューの1つとして加えられています。そのまま飲んだり、カクテルのベースにしたり、ジュースと併せてみたりと様々な飲み方ができるのがペリエの特徴です。

インスタジェニックなスタジオとは

ポップアップストアの外装、内装のデザインを担当したのはデザイナーのAKACorleone氏です。ポップアップストア「The PERRIER® Flavor Studio」の外観はとてもポップでカラフル

 

天井に鏡を設置。セルフィー対策もバッチリ

フォトジェニックなバブルボールプール。ペリエのすいか味、オレンジ味の泡を模したものです。

Keeping it extraordinarily bubbly at our Perrier Flavor Studio. #PerrierFlavors

A post shared by Perrier USA (@perrierusa) on

 

バブルボールプールスペースの天井は鏡張りになっており、スマートフォンでセルフィーすることができます。スタッフに依頼せずとも、1人で訪れても、簡単にインスタジェニックな写真を撮影することが可能です。

撮影したくなるフードの数々

モクテルバー(MockTail=一見するとカクテルに見える、アルコールを使わずに作った飲み物)でペリエのモクテルを味わうことができます。

Mixing up inspiration with #PerrierFlavors.

A post shared by Perrier USA (@perrierusa) on

 

また、マカロン屋の Dana’s Bakery がマカロンをお土産として来場者にプレゼントしました。加えて、アイスクリーム屋のBigGayIceCreamと協働し、アイスにペリエを注いで食べられる体験ブースも設置しています。

 

その他にも、ニューヨーク市のローカルブランドとのコラボレーションを実施しました。ネイルアートを手がけるVanity Projectsと共にネイルアートのブースを用意しています。

SNS投稿でカードのプレゼントも

来場者がスマホで撮影した写真をハッシュタグ#perrierflavorsとつけてSNSに投稿すると、その場で写真がブランドロゴ入りのカードとなり、プリントアウトされます。SNS連動型プリンターはSNS投稿促進のツールとして機能しています。

#perrierflavors

A post shared by Daniel Madwed (@daniel.madwed1) on

 

今回のスタジオでは、SNSに投稿したくなるような仕掛けと、投稿しやすくなる仕掛けの2つが用意されています。フォトスポットの用意ではなく、SNS投稿を意識したミュージアムやスタジオの開設が新トレンドと言えそうです。

 

Source by Perrier

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
森本進也
Post Author

森本進也

ライター。1989年生まれ。IT、経営、マーケティング、金融、バイオ、医療等の領域において海外の最新トレンドを追っている。好きなメディアはTechCrunch、Business Insider、Scientific American。