消費材大手ユニリーバのマヨネーズブランドHellmann´s がスタートアップオンデマンド集荷・配達サービスQuiqupと提携し、ロンドン市内で食材配達サービスを開始。その狙いはオンラインで、デジタルネイティブな消費者への販路を開拓することにあります。


デジタルネイティブに支持されるQuiqup

Quiqupはオンデマンド集荷・配達サービスを、法人・消費者に対して提供するスタートアップとして、2014年に創業しました。現在は、ロンドン市内でサービスを提供しています。

 

Quiqupのサービスは、一般的な集荷・配達サービスに留まりません。Quiqupのプラットフォームサイト上で、地域のレストラン、服屋、花屋等の店舗を検索、商品を注文・購入できます。

 

注文してから商品が到着するまでにかかる時間はおおよそ1時間。QuiqeeというQuiqupと提携しているパートナー配達員(2000人いるとのこと)が商品を配達します。利便性の高さからQuiqupはデジタルネイティブな消費者に支持されています。


Quiqupサイトより


デジタルネイティブな消費者への販路開拓として

ユニクロ、ハンバーガーチェーンのバーガーキング、英国最大手スーパーのTescoを始めとする500以上の店舗がQuiqupを利用しています。

 

これらの企業がQuiqupを利用する理由の1つに、圧倒的な配達スピードの早さが挙げられます。他にも、Quiqupを利用しているデジタルネイティブを顧客層として開拓できることが挙げられるでしょう。Quiqup経由でなされた配達件数はすでに55万以上です。

 

今回のユニリーバの食材配達サービスにおいてもオンラインにおけるプレゼンスを高め、デジタルネイティブを顧客として開拓する狙いでQuiqupを利用しています。


手間要らずで料理できる食材セット

ユニリーバのHellmann´s はハンバーガー、サラダ等の計5種類のメニューの食材をQuiqupで販売しています。


Quiqupサイトより

レシピと料理のイメージ動画も掲載しています。


Quiqupサイトより

 

 

ハンバーガー食材キットの価格は18.19ポンド(約2620円)。ピックル、バンズ、Hellmann´s のマヨネーズ、ビーフステーキ、オリーブオイル、ベーコン等の食材の詰め合わせ。


Quiqupサイトより

 

料理を手軽に作れるレシピの提供と、料理に必要な食材を全て配達し、買い物の手間を省いています。食材にはHellmann´s マヨネーズ等のユニリーバの商品も含んでいます。

 

今回の食材配達サービスの取り組みでは単にマヨネーズ単体を販売するだけでなく、「マヨネーズでどんな料理ができるのか」まで提示しています。ユニリーバは従来とは異なる新たな販売方法をテストしているとも言えます。


オンライン販売のあり方を模索するユニリーバ

ユニリーバは2016年に髭剃りのECサイトダラーシェーブクラブ買収をはじめ、オンラインでのプレゼンスの確保に積極的です。その背景にはEC大手のAmazonがプライベートブランドを展開し始めたりと、消費材市場の競争が増していることが挙げられます。

 

Hellmann´s の食材配達サービスは世の中の変化に適応するための一手でもあります。そして日用品も店舗ではなくオンラインで購入するのが当たり前な、デジタルネイティブに対応する販売方法を模索している段階だと考えられます。

 

また、デジタルネイティブなミレ二アル世代は単に物を消費するよりも価値ある「体験」を重視すると言います。今回の食材配達サービスはそんなミレ二アル世代の消費スタイルに適応する取り組みです。ユニリーバにとって今後のオンラインでの販売方法を検討する上での試金石となるのではないでしょうか。

 

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
森本進也
Post Author

森本進也

ライター。1989年生まれ。IT、経営、マーケティング、金融、バイオ、医療等の領域において海外の最新トレンドを追っている。好きなメディアはTechCrunch、Business Insider、Scientific American。