昨年ごろから興隆期を迎えた動画メディア。Facebookを始めとするSNSでは、料理や美容、ファッションを中心とした動画コンテンツが盛り上がりを見せています。

動画メディアの中で、20代の女性から強く支持を得ているC Channel(シーチャンネル)が、ユーザー参加型のリアルベントを4月1日から2日間に渡って開催しました。

月間総再生数6億回を突破する、日本最大級の動画メディアが仕掛けた、ユーザー体験型リアルイベントの様子をご紹介します。

ジャンル豊かなブースの数々

会場内には美容、ファッション、恋愛、グルメ、DIYなど多様なジャンルのブースが20個以上設置されています。ジャンルの異なる企業が一つのイベントに出展しているのは、様々なコンテンツを製作しているC Channelならでは。


人気占い師が18名集まった占いブースも

グルメコーナーには、若者の間で流行中のフードショップが一堂に会していました。実店舗では行列必須の人気フードが、このイベントではすぐに購入できてしまうのです。

人気ドーナツショップのGOODTOWN DOUGHNUTS

人気コンテンツを実際に体験

ブースにはC Channelで人気のコンテンツを、ユーザーが実際に体験できるものも多く用意されていました。

美容師が実際にヘアアレンジを施してくれるブースや、料理レシピを体験できるブース、作って持ち帰れるDIYブースなど、どれもC Channelで人気のある動画コンテンツと同じ体験ができるようになっています。これまで動画を通して見ていたものを、自分でも実際に体験できるということで、各ブースにはたくさんのユーザーが集まっていました。

C Channelで人気のヘアアレンジをプロに無料でしてもらえる

石鹸カービングやコスメパレットのDIYを体験できるブース

動画コンテンツは至るところに

また、ほとんどのブースではデジタルサイネージが設置されており、C Channelの作成した動画が流されていました。ブースで実際に商品やサービスを体験することが出来るのはもちろん、動画を見て、ブースだけでは伝えられない商品やサービスの様子が分かるようになっています。ブースでの体験と動画、この2つの軸で訴求できるのは、動画メディアの開催するイベントだから成せることではないでしょうか。


綾鷹のブース


GIVENCHYのブース

SNS拡散を意識したフォトスポットも

ブースの1つには、雑誌ViViなどで活躍する人気スタイリストの知念美加子さんがプロデュースするフォトスタジオが用意されています。SnidelやSLY、jouetie、Heatherなど、20代の女性から支持を得ているブランドの服が多く用意されており、それらを自由にコーディネートして着ることができます。

ブースにはGirlyとSimpleの2つのテイストの部屋が用意されており、お気に入りのコーディネートに着替えたら、好きなテイストで写真を撮ることができます。どちらの部屋もお洒落でフォトジェニックで、女の子たちがワクワクしながら写真を撮っている様子が伺えました。実際にInstagramでは、イベントのハッシュタグ【#スーパーシーチャンネル】をつけて、このブースで撮影した写真が数多く投稿されています。

お洒落でカワイイ写真を投稿したい、というユーザーのインサイトを的確に捉えたブース設置で、SNS拡散のための施策にも注力している様子でした。

ゲストによる豪華なステージコンテンツ


人気芸人によるステージコンテンツ

 

ブースの充実度はさることながら、メインステージでは豪華ゲストによるステージコンテンツがぎっしりと用意されており、常に盛り上がりを見せていました。ステージコンテンツはビューティー、ファッション、エンタメ、DIYなど多岐に渡り、それぞれにC Channelのユーザーである20代女子に大人気の芸能人やモデル、芸人などが出演しています。

DaiGoさんによるトークライブ

人気雑誌「ar」のよるメイクアップステージ

動画の情報を、実際に体験する場へ

動画メディアとしては日本最大級の規模を誇るC Channel。手がける動画のジャンルも幅広く、様々なユーザーに支持されています。そんなC Channelが今回行ったイベントですが、これまで動画を通して一方的に受けていた情報を、ユーザーが実際に体験できるという点で非常にインタラクティブなものだったのではないでしょうか。実際、C Channelのメインユーザーである女性が、今、何が好きで何が知りたいのか、そんなリアルな部分をぎゅっと詰め込んだ内容となっていました。今後の動画メディアの興隆と共に、コミュニティ形成についても注目していきたいところです。

 

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
COMPASS編集部
Post Author

COMPASS編集部