Instgaramは10月3日Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)においてアンケート機能を持つスタンプを実装しました。自身で2択の質問を設定することができ、誰がどちらに投票したのかを確認することができます。

 

アンケートに答えるユーザーも、どちらかをタップした後リアルタイムに投票率を見ることが可能です。


Instagramより

 

例えば、「どっちの洋服の方がいいかな?」「◯◯はした方がいいと思う?」などと、自身のフォロワーに対して質問を投げかけ、その答えを得ることができます。それでは、アップデートに際し、いち早く反応した企業やメディアはどのようにアンケート機能を活用しているのでしょうか。

 

意見をすくいあげ、考える機会を/Refinery29

女性向けメディアRefinery29(リファイナリー29)はラスベガスの乱射事件を受け、「銃規制についてどう思うか?」という議題を提示しました。アンケート機能は声をすくい上げるためにも活用できますが、ある議題に対して、考えてもらうための機会作りにもなっています。


Refinery29 Instgaram Storiesより

 

動画やプロモーションのリマインドに/MAYBELLINE

化粧品ブランドMAYBELLINE(メイベリン)は「メイク動画はもう見てくれた?」という質問を投げかけ、YESかNOの2択を選択させています。「もしNoならスワイプアップして動画を見てね」としており、動画への外部導線も貼っています。チェックしてほしい投稿や動画のリマインドとしても活用できます。



MAYBELLINE Instagram Storiesより

 

あなたはどっち派?/STARWARS

STARWARSのアカウントでは、「あなたはどっち?」という質問を投げかけ、「LIGHT SIDE」か「DARK SIDE」を選択させました。すでに「私だったら…」と無意識に考えてしまっているはず…。



STARWARS Instagram Storiesより

 

EC販売の事前確認、相談も/JapanMade

海外向けに日本の伝統工芸や文化を発信している動画メディアJapanMade(ジャパンメイド)。こちらは「この商品を100ドルで販売したら、欲しい?」と質問を投げかけています。商品販売する際に、どの位の需要があるのか?値段は適しているのか?などフォロワーに対して事前に確認、相談ができるのです。



JapanMade Instagram Storiesより

 

キャラクターの人気調査に/PIXAR

大人気アニメ「トイ・ストーリー」のキャラクターをあげ、「あなたはどちらに近い?」というような質問も。「私はバズなんだけど…意外とウッディー派が多いんだな」などと、タップ後に投票率が見られるのも楽しみの1つです。



PIXAR Instagram Storiesより


絵文字だけで質問を/Netflix

Netflixではアニメ「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」に対してアンケートを取っています。「あなたはハロウィンムービーだと思う?クリスマスムービーだと思う?」とし、タップ項目は絵文字で選択させています。絵文字で選択させるという表現もかわいらしくミレニアルズ向けのトンマナです。

 

Netflix Instagram Storiesより


ユーモアを含めたコミュニケーションを/Instagram

Instagramアカウントではラーメンに対してのストーリーを投稿。「塩味としょうゆ味、どちらが好き?」というような質問をしたあとで、「このラーメンどう思う?」と投げかけ、絵文字を2つから選択。どちらも嬉しそうな絵文字となっており、アンケートを取るというより、ユーモアを含めたコミュニケーションを取ろうとしている様子が伺えます。



Instagram Storiesより

 

今回は、いち早くアンケート機能を活用した7事例をご紹介しました。アンケート機能によって今後どのようなコミュニケーションが生まれていくのでしょうか。COMPASSでは、随時ユニークな企業事例を紹介していきます。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
石井リナ
Post Author

石井リナ

COMPASS編集長 1990年生まれ。SnSnapで事業開発を担当し、COMPASSの編集長を務める。新卒でオプトへ入社し、WEB広告のコンサルタントを経て、SNSコンサルタントとして企業のマーケティングに従事。デジタルプロモーションを中心としたライター業や、セミナー講師などとしても活動を広げている。 執筆書籍:「できる100の新法則 Instagramマーケティング」