3月10日から19日までテキサス州オースティンで行われている音楽フェス、SXSW(サウスバイサウスウエスト)。多くの人が集まるこの場所で米シューズブランドVANS(バンズ)が、VANS Costomsのチケットを無料でプレゼントするキャンペーンを行いました。今回は、SNSを利用したユーザー参加型キャンペーンの事例をご紹介していきます。

VANS Costomsとは

VANSが提供するシューズは既製品だけではありません。ユーザー自身が、自分好みに靴をデザインし、世界に1つだけの靴を作ることができます。

It made my day coming home to these!!! Yay! ❤👍🏻👏🏻 #glamgraphics #vanscustoms @vans @vansgirls

A post shared by Shellie Smith (@glamgraphics) on

SXSWの中、街で宝探しを

今回VANSは無料でVANS Customのチケットをユーザーにプレゼントしました。SXSW中にInstagram StoriesとSnapchatを通して、チケットのありかが発表され、そのチケットを見つけた人が手に入れることができる仕掛けです。まるで街中を使って、宝探しをしているかのようなワクワクする企画です。

(やあ #sxsw! 無料のカスタムコードをプレゼントするよ!Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)とsnapchat(スナップチャット)でゲットの仕方をチェックして!ユーザーネーム VANS)
ツイッターではこのようなキャンペーンの予告のツイートがされ、フォロワーへ参加を促しています。

チケットの場所はInstagram StoriesとSnapchatだけで公開
Instagram Storiesでは次のようなストーリーズが投稿されました

   
(オースティン!次の写真をスクリーンショットして無料のVansを勝ち取って!)


(2枚のチケットは10番通り、レッドリバーの角に)


(もう2枚のチケットの場所の公開はもうすぐ、、)


VANS Instagram storiesより

(10番通り側@mohawaustin(ライブ会場) に、、、早い者勝ち!)

チケットは電柱のビニールの間や、扉の隙間など、この企画を知っている人でなければ気づかない場所ばかり。SnapchatとInstagram Storiesは共に24時間のみの公開ということもあり、従来のキャンペーンと違い、プロモーションの概要が残りません。このことからユーザーに限定感を与えることができ、同時にフォロワーと密な関係を築くこともできます。

今回のプロモーションは、その他のメディアで告知していなかったため、VANSのSNSをフォローしている、フォロワーのみが参加できた企画です。限られたユーザーを巻き込み、興奮を与えたプロモーションと言えるのではないでしょうか。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
丹羽めぐみ
Post Author

丹羽めぐみ

東京出身。1995年生まれ。大学では洋画をもとに海外文化を研究。ファッション系ウェブメディアでライターとしても活動中。海外旅行と映画観賞が大好き。