10月3日、Pinterest(ピンタレスト)はハロウィンをテーマにしたホームパーティーイベントを開催。美容師や編集者など20名ほどが集まり、Pinterestを使った「自分たちで作るホームパーティー」を楽しみました。

 

3つのチームに分かれ、それぞれのチームに「シックハロウィン、ポップハロウィン、ダークハロウィン」というテーマが振り当てられます。それぞれのテーマに沿って、自分たちの部屋を飾り付けしていくというもの。Pinterestを使って、飾り付けのインスピレーションを探し、メンバー間でイメージを共有していきます。

 



 

数多くのハロウィングッズが用意されており、その中からチームのイメージに合うグッズを選択していきます。フードは、UBER EATS(ウーバーイーツ)を利用し、イメージに沿ったものを用意します。また、メイクグッズも用意され、ハロウィンメイクを楽しむ姿も見られました。

 


 

時間が経つにつれ、飾り付けに熱中していく参加者たち。敷いてあったマットをどかしたり、ライトを暗くしてムード作りするチームの姿も。

 



―シックハロウィンチームは紫、シルバー、ゴールドなどのカラーで統一



―ポップハロウィンチームは明るい色でとにかく楽しい雰囲気に

 


―ダークハロウィンチームは赤ワインの上に蜘蛛のデコレーションも

 

今回のホームパーティーについて、参加者のアスカさんは以下のように話します。「今までいろんなパーティーに参加してきたけど、自分たちで作るパーティーは初めての経験だったので、参加してる感があって楽しかった!私たちの与えられたテーマが『シックハロウィン』で難しいかも、と思ったけど、Pinterestでイメージを集めたからチームでまとまりが持てたし、イメージ共有がスムーズだった。」

 

参加者のジュンさんは、「ホームパーティーでPinterestを使うのは新しい使い方だなと思った。知らない人とでもPinterestの共有ボードを一緒に作ることで、会話のきっかけになって楽しかった!」と語りました。



ーイベント風景をSNSにシェアする様子も

 

今回のイベント実施背景や目的について、ピンタレスト・ジャパン株式会社マーケティングマネージャーの小串 良輔氏にお話を伺いました。

 

―今回のイベント実施の背景や目的を教えて下さい

小串ピンタレストのグローバルミッションは「Help people discover and do what they love」です。「好きなもの興味のあるものを見つけ、それを通して何かをやってみよう、を応援します」というものです。

 

企業やブランドが用意したイベントに参加していただいて終わり、ということではなく、自分たちで作っていく、ワークショップに近い体験をしてほしいなと考えました。季節柄、ハロウィンイベントとし「ホームパーティーを簡単に」という楽しみ方を提案しました。

 

BGMはSpotifyでその場の雰囲気に合わせて自由に、そしてフードはUberEATSで頼んで、部屋の飾り付けを楽しもうという内容。今回のイベントでは「スマホで完結する」ということにこだわりましたね。

 

―コミュニティ形成にも注力されているそうですね。

小串そうですね、個人的にも大事にしていることなのですが、いろんなブランドやサービスと一緒に、体験を訴求しコミュニティーを作っていきたいと思っています。

 

1日の間に様々なブランドやサービスに触れることで、参加者はいくつかの体験が同時にできると思います。「心に残る体験を大事にする」という考えが合致するブランドやサービスと一緒に、体験やイベントを今後も実施したいなと考えています。今回のイベントではフライングタイガーさん、バドワイザーさん、メイベリンさんからは商品提供のご協力をいただけました。

 

―今後もピンタレストを活用したイベントを実施されるのでしょうか?

小串規模と頻度は調整しながらですが、積極的に実施していきたいなと思います。ホームパーティーであれば1年にいろんな機会がありますし、リアルな繋がりのコミュニティーでイベントをやってみるということであれば、できることはたくさんあると思っています。

 

多くのユーザーにとっての「自分ゴト」になるものとすると、数多くありますが、そうした体験を目指してピンタレストを使う楽しさを訴求したいなと思います。


―ピンタレスト・ジャパン小串 良輔氏

 

―今後の展望を教えて下さい

小串まずはピンタレストの楽しさを知ってもらいたいと思います。今回のホームパーティーイベントを通して、「ピンタレスト=特別な時に使う」というイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ピンタレストは毎朝の服選びから今日の晩御飯選びまで、日常生活に寄り添うサービスでありたいと思っています。

 

アイデアを集めて何かを実現する、ということ自体がハードルに感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、自分の好きなものをコレクションしていく、そのうちに人に共有したくなる、会話したくなるよねという話をすると多くの方が共感してくれます。

 

ピンタレストには日本中、さらには世界中の誰かの「好きなもの」が集まっています。ついピンタレストを覗きたくなってしまうユーザーの気持ち、自身のコンテンツやセンスを潜在ファンに届けたいブランドやクリエイターの活動も取り上げていきたいなと思います。

 

加えて、前述の通りピンタレスト単独ではなく、いろんなサービスやブランドと一緒にコミュニティー、体験を作っていくことを意識していきたいですね。

 

 

自分たちでホームパーティーを作っていくという体験に、イベントは多いに盛り上がりを見せました。インスピレーションを探して、ビジュアルとして複数人で共有することができるPinterest。10月31日のハロウィンに向けて、Pinterestでハロウィンボードを作って、楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

Photographer:Eno Shohki

 

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
石井リナ
Post Author

石井リナ

COMPASS編集長 1990年生まれ。SnSnapで事業開発を担当し、COMPASSの編集長を務める。新卒でオプトへ入社し、WEB広告のコンサルタントを経て、SNSコンサルタントとして企業のマーケティングに従事。デジタルプロモーションを中心としたライター業や、セミナー講師などとしても活動を広げている。 執筆書籍:「できる100の新法則 Instagramマーケティング」