スーパーボウルはアメリカで最大級のスポーツイベントであり、広告業界にとっても、プロモーションの場として、非常に重要な役割を担っています。

中でもSnapchat(スナップチャット)とSTATS LLC(次世代のスポーツテクノロジー、データ、およびコンテンツを提供している企業)がいくつかのスポーツリーグとパートナーシップを組み、Snapchatのジオフィルターを利用したプロモーションを実施しました。リアルタイムで、スコアがジオフィルターに反映されるという仕組みとなっており、観客の心を掴んだ施策となっています。
27105
Mobile Marketer より

こちらのジオフィルターは、指定のスタジアム内でのみ使用することが可能です。現在、アメリカ国内のみ対応となっていて、NBAやNFLのスポーツイベントで対応しています。

そして、ジオフィルターに表記されるのは、スコアだけではなく残りのプレイ時間も伝えることができます。また、ユーザーは、テレビでの生中継を見ているような感覚で、Snapchatの投稿を見ることができるのです。
snapchat-live-score-geofilter-600x600
DIGITAL TRENDS より

このシステムは、スポーツファンから大きな注目を集めていて、開始一週間にあった51ゲームでのユーザーのジオフィルターの利用回数は合わせて2000万回にも及びました。

(@AngeldeのSnapchatライブ スコア配信は非常に素晴らしい。‬)

(Snapchatがライブスコアのジオフィルターを追加したよ。超クール!)

TwitterやFacebookのライブ配信の強みは、ユーザー同士が会話出来ることですが、Snapchatはユーザー同士の親密さ(その瞬間の写真や動画を送り合う)にあります。

スポーツイベントでのジオフィルター活用したプロモーションは、臨場感あふれる瞬間をその場で、ダイレクトにメッセージとして届けることが可能です。加えて、スピーディーにコンテンツと、ユーザーを結びつけることが出来るため、ユーザーと企業ともにメリットのある活用方法ではないでしょうか。

さいごに

米国ではTwitterやFacebookよりも、ミレニアル世代に関しては、Snapchatが主流なSNSとなっています。場所や日により、利用できるコンテンツが変わるという点で、ユーザーの興味を常に惹きつけています。今回のプロモーションの様に、企業や団体がジオフィルターを活用し、ユーザーと密にコミュニケーションをとる事例は増えています。引き続き、COMPASSではSnapchatをマークし、情報をお届けしていきます。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
COMPASS編集部
Post Author

COMPASS編集部