今年3月から来年1月まで行われるアメリカ次期大統領候補選。今回の選挙では、若い世代の有権者たちの投票が鍵となると言われてます。特に今回注目したいのは、SNSを用いた選挙活動が盛んに行われているということです。選挙も終盤に近づいていますが、一連の選挙活動ではどういった形でSNSを使いこなしていたのか、SNS別に選挙活動の動きを追っていきたいと思います。

トランプ氏は世界中で2時間のみ使用できるフィルターを / Snapchat

Snapchat(スナップチャット)を使った選挙キャンペーンでは、候補者たちによるジオフィルターでの施策が多く見受けられました。今回の大統領最終候補者であるヒラリー・クリントン氏、ドナルド・トランプ氏は、どちらも自身のジオフィルターを制作しました。

トランプ氏の場合、9月23日に実施された討論会に合わせ、地域限定であるジオフィルターを、あえて世界中のユーザーが同時に使用できるようにしました。討論会の行われる時間、およそ2時間のあいだ使用が可能にし、若年層の投稿を煽りました。世界中で使用できるように、ジオフィルターを活用したことは、政治界でも、トランプ氏が初めてだと言われています。

image07
THE VERGEより

トランプ氏による選挙キャンペーンジオフィルター

image11
MASHABLEより

image09
Pilotonlineより

*ヒラリー・クリントン氏のジオフィルターは、ノーフォークステイト大学で利用可能だったようです。

マニフェスト入りのジオフィルターも登場 / Snapchat

今回の大統領選でSnapchatを積極的に活用していた元候補者も目立っていました。上院議員のサンダース元候補による9日間に渡るジオフィルターを用いた選挙キャンペーンはアイオワ州で行われました。

日替わりごとに登場するジオフィルターでは、サンダース氏が公約しているマニフェストとリンクしたスローガンがフィルターになっており、機能も上手く活用したプロモーションでした。

image10image12
TheWallStreetJournalより

Snapchatをフルに活用した選挙キャンペーンは候補者だけにとどまりません。選挙登録サイト「TurboVote」のジオフィルターが登場し、セレブがそのジオフィルターを使用し、自身のアカウントに投稿する姿も見受けられました。

image13
ADWEEKより
今年公開した映画「スーサイド・スクワッド」でジョーカー役を演じた俳優Jared Leto(ジャレット・レイ)

グローバルストラテジー/パブリックオピニオンストラテジーのレポートによれば、「Snapchatは、もっとも理解を得難い18歳から34歳のミレニアル世代を政治に興味を持たせるツールとして最強」と言われていることから、若者の関心に寄り添った形での選挙キャンペーンは、Snapchatが最適と言えそうです。

自社のプラットフォームに広告出稿 / Instagram

Instagram(インスタグラム)では、自ら選挙投票を呼びかけるポストを広告として投稿しました。リンク先は、選挙投票に必要な登録を行うサイトになっており、投票率をあげる働きかけをしていました。

instagram-vote-01-2016
ADWEEKより

ハッシュタグによる有権者同士での、投票呼びかけも積極的に行われ、大統領選のためのハッシュタグ「#register」(登録)で検索すると、延べ9万件弱も投稿があります。若い有権者の反応もかなり高いと言えるのではないでしょうか。

インターナショナルブロードキャストCNNとのタッグでは、Instagramがオリジナルで考案したハッシュタグ「#MyVote」のキャンペーンが行われました。自撮りの写真と自分の支持する候補者のタグと共に「#MyVote」を投稿に加えてるというもの。

*プロジェクションツアーを行われ、キャンペーンバスが大学のキャンパスに現れ、ミレニアル世代の有権者の選挙への興味を高める仕掛けが行われました。

インフルエンサーは自らの動画を制作 / Twitter

 Twitter(ツイッター)では、「#iRegistered」(私は登録しました)というハッシュタグで「選挙投票への登録がすぐに終わる」というキャンペーンも始まっています。すでに、セレブリティをはじめとした影響力を持つアーティストの投稿で注目され、一般の有権者もハッシュタグで投稿を積極的に行っている様子も見受けられます。

アメリカのポップシンガーKatty Parry(ケイティー・ペリー)はTwitterで、「#iRegistered」の投稿の他に、自身による選挙呼びかけの動画も投稿しました。

 

その他のセレブリティの投稿

女優・起業家Jessica Alba(ジェシカ・アルバ)

訳:私たちは巻き込むことで国を形成してきたの。登録しましょう。友達や家族にも投票するように呼びかけて。

ポップ歌手Ariana Grande(アリアナ・グランデ)

訳:ベイビーズ、(選挙に)登録して、大切な選挙に参加することを切に願うわ。

野球選手George Lopez(ジョージ・ロペス)

訳:みんな投票登録する時がきたよ!#VotePalからダウンロードできるよ!

俳優Leonald Dicaprio (レオナルド・ディカプリオ)

訳:もしも、自分の将来を気にしているなら投票すべきだ、voteyourfuture.us 登録できるよ。

彼らの投稿に関するツイート数やライク数をみても、一般ユーザーが賛同していることも分かります。

政府との連動で選挙登録準備もスムーズに

さらに、Twitterは政府と連動し、選挙登録をアシストしてくれるチャット機能を導入しています。このアシスト機能では、ダイレクトメッセージを政府公式アカウント送り、郵便番号を登録するだけで登録に関する手続きをスムーズに行うことが可能です。

なお、政府のアカウントには登録の手順などが投稿されているので、簡単に準備、登録ができます。

バイラルスターの声を動画で発信 / Youtube

Youtubeをきっかけにバイラルスターとなった、若者に人気を誇るYoutuberを起用した動画を作成しました。さらに、ハッシュタグ「#VoteIRL」(VoteIRL=Vote In Real Lifeの略)も登場し、日頃Youtubeを視聴している若者をターゲットに、投票を呼びかける仕組みとなっています。

*この動画内にも、選挙登録を呼びかけるリンクが存在し、リンクより登録をスムーズに行える導線が確保されていました。

Googleによると、全国党大会前後には20万件を超える選挙関連の投稿が一般ユーザーを中心に行われました。その選挙関連のビデオにかかる視聴数は延べ1時間平均、1100万ビューを超えたと言われています。

さいごに

今回の大統領候補選では、「Snapchat戦争」「SNS対決」と騒がれるほど、SNSの盛り上がを見せていました。候補者本人たちが仕掛けているものから、インフルエンサーの動き、媒体、一般ユーザーそれぞれの動きをご紹介しました。第2回目の討論会を終え、選挙もいま終盤に向かっていますが、今後どのような盛り上がりを見せるか最後まで目が離せません。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
Sarah Owie
Post Author

Sarah Owie

ファッションマルチエディター志望の1994年生まれ。現在カナダの大学を休学中。ファッション系ウェブメディアでのライターや、ライフスタイル系キュレーションメディアのキュレーターとしても活動中。ひそかに自身のインディペンデントマガジン発行に向けて日々邁進中。