Youtubeは2005年のメディアリリース以降、ソーシャルインフルエンサーを生み出すメディアとして注目を集めました。この動きは、アメリカを始めとする欧米、アジア、ヨーロッパなど、世界で10億人のユーザーを誇ります。そして、Youtube上で活躍する新しい形の職業「Youtuber」(ユーチューバー)の存在が認知され始めています。

例として、カナダ出身の歌手であるジャスティン・ビーバーは、Youtubeをきっかけに注目を集めた、元祖Youtubeスターと呼ばれています。今回は、Youtubeを経てソーシャルインフルエンサーとして活躍しているYoutuberを通して、彼女たちの現在の影響力に迫っていきたいと思います。カテゴリー別にご紹介していきたいと思います。

U-20 No.1定期視聴者数を誇る/べサニーモータ

彼女は、2009年にビデオの投稿をスタートして以降、現在まで述べ1,000万人のサブスクライバー(定期視聴者)を持つYoutubeスターです。彼女が、HAULVIDEO(ハウルビデオ)の火付け役者とも言われています。HAULVIDEOとは、購入品を紹介する内容のビデオで、若年層から人気のある動画のジャンルです。

その他にも、学生をターゲットとした、学校生活を楽しむためのアドバイスをするビデオを中心に投稿。現在20歳ながら、主要SNSでのフォロワー数は、合計1億人越えとなるの絶大な支持を誇る若きソーシャルインフルエンサーなのです。

また、興味深いことに彼女がYoutubeを開始した頃のクオリティはかなり低く、年々コンテンツの質があがり、視聴者と一緒に成長してきたことが分かります。

7年前

4年前

現在

現在彼女は、自分自身で動画の撮影から編集までをこなす傍ら、インフルエンサーとして世界各国を飛び回りファンとの交流を深めています。さらにダンスバトル番組にレギュラー出演を果たしたり、歌手として曲を発表したり、アメリカで900店舗を誇る人気米ブランド“エアロポステール”で、彼女のコレクションを持つなど活動の幅は、多岐に渡ります。

年収12億円稼ぐゲーム界の革命児/ピューディーパイ

スウェーデン人Youtuberのピューディーパイこと、フェリック・ケリバーグは、今世界で一番稼ぐゲーム実況に特化したYoutuberです。彼の場合、実際に自分自身が、ゲームをプレイし、その評価をビデオで投稿するというものです。

去年、経済誌Forbesが発表した、最も稼いだYoutuberとして1位にランクイン、動画の再生回数並びに、サブスクライバーの数も世界でダントツです。ちなみに、彼が90日間で得た、視聴者数はエンゲージメント数は、50万人に達し、推定年収は広告収入だけで12 億円と言われています。

スクリーンショット 2016-06-24 午前8.37.58
Varietyより

VRを用いた動画は、シリーズ化もされているほど人気コーナーの1つです。この動画の再生回数は、公開日から2ヶ月余りで延べ1,000万回以上を超える大人気動画となっています。さらに、彼の手にかかれば、評価が低いゲームでも飛ぶように売れると言われるほど、彼のゲームに対する評価の影響力の大きさが伺えます。ファンが、彼のリアクションをまとめた動画を作成するなど、彼の人間性に惚れ込むファンが多いようです。

Youtuber初!ゴールデングローブ賞を受賞/レイチェル・ブルーム

Youtuberとして初の快挙を果たしたのは、コメディアンのレイチェル・ブルームです。彼女のキャリアスタートは、自身のYoutubeのチャンネル「Racheldoesstuffで動画の総再生回数が120万回を記録したことです。5年前にあげられたビデオ「F**k Me, Bradbury」 を中心として、コメディのビデオをアップするYouTuberとして活躍していました。

そして2016年に、ゴールデングローブ賞のテレビ部門の最優秀ミュージカル・コメディ主演賞を受賞。現在彼女は、コメディアンである傍ら、歌手、プロデューサー、クリエーターとして活動しているマルチ女優でもあります。

彼女は自身の最優秀ミュージカル・コメディ主演賞受賞のスピーチでは、「今の自分の基盤があるのは、Youtubeがあったから」とコメントしています。彼女の他にも、Youtubeから生まれたスターが、TVスターと並び、名誉ある賞を受賞する日も近そうです。

VineとYoutubeで活躍を遂げた新星/キャメロン・ダラス

最近では、新しいカテゴリーのYoutuberが生まれ始めています。それは、人気動画アプリVine(バイン)やSnapchat(スナップチャット)などの他のSNSで人気に火が付き、Youtuberになるケースです。

今月、Twitter社がVineのサービス終了を発表しましたが、過去には数多くのソーシャルインフルエンサーを排出してきました。Vineは6秒間という短い時間の中で、動画を撮影し共有できるアプリです。ユーザーが投稿する動画は、大抵ふざけているような面白い投稿が多く、このようにVINEによって人気を得たユーザーは、Viner(バイナー)と呼ばれています。

スクリーンショット 2016-06-29 午後6.16.02
Thefashionistoより

その中でもCameron Dallas(キャメロン・ダラス)は、圧倒的な影響力を持ち、Vineを始めとする各SNSのフォロワー数は、延べ3500万人に登ります。更に、Zefr(バイラルスターやインフルエンサーの統計を調査しているメディア)が発表する100人のソーシャルインフルエンサーのナンバー1に輝きました。

また、キャメロンが、90日間でYoutubeを通して獲得したエンゲージメント数は1億人弱。その人気から、Netflixでは、彼のシリーズ番組の制作が決定し、昨年にはEXPELEDで主演・映画デビューも果たしたインフルエンサーと注目され、エンタメ界でも活動の幅を広げています。

さいごに

今回は、タイプ別にYoutubeでのポジションを確立させた、4人のYoutuberをご紹介しました。それぞれカテゴリーの中でも発信しているもの、人気の出方など異なりますが、多くの人に支持される理由はきっと、等身大の彼らの姿があるように感じます。また、Youtubeの利用者数の母数は他のSNSプラットフォームと比べても特段に多いです。そうしたことから、人気が出たインフルエンサーのリーチ数やエンゲージメント数は、大きな数値となり、彼らが1メディアとなることを認識していくべきなのではないでしょうか。

 

Edit:Rina Ishii

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
Sarah Owie
Post Author

Sarah Owie

ファッションマルチエディター志望の1994年生まれ。現在カナダの大学を休学中。ファッション系ウェブメディアでのライターや、ライフスタイル系キュレーションメディアのキュレーターとしても活動中。ひそかに自身のインディペンデントマガジン発行に向けて日々邁進中。