archive

ソニーは、2017年4月8日(土)、渋谷モディ(東京都渋谷区)に、新しい情報発信拠点“Sony Square Shibuya Project”をオープンしました。

 

ソニーグループの製品、テクノロジー、コンテンツを掛け合わせることによって、ユニークかつ新たなソニーの魅力を伝えることを目指して開設されたスペースです。1〜2か月ごとに更新されるテーマに基づいた企画展示を行っており、定期的に展示内容は変更されます。

 

製品のデモンストレーションにとどまらず、インタラクティブでユニークな体験型のコンテンツを多数用意し、渋谷の街を訪れる人の好奇心を刺激する体験を提供しています。


ソニーの技術を体験できるイベントとは

Sony Square Shibuya Projectのテーマは1〜2ヶ月で更新されます。2017年7月14日(金)〜8月31日(木)は、映画「スパイダーマン:ホームカミング」とのコラボ企画を体験することができます。展示内容は、「スパイダーマン飛行体験」、「スーパースローボックス」(※7月29日(土)からは「『スパイダーマン:ホームカミング』VR」)、「撮影小物・アートワーク展示」など臨場感のある体験を楽しむことができます。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS

住む家は、理想の暮らしを考える上で最も重要な要素です。人生で最も長い時間を過ごすであろう場所だからこそ、こだわりを持って選びたい。

 

アメリカンライフスタイルの楽しみ方を提案する人気セレクトショップ「FREAK’S STORE」は、住宅ブランド「LIFE LABEL」と協業し、新築規格住宅「FREAK’S HOUSE」を立ち上げています。なぜセレクトショップが住宅ビジネスに参入するのか?と疑問に思うかもしれませんが、実は非常に親和性が高いのです。

 

「自らが生活体験者として、楽しいライフスタイルを伝えていきたい」と語るディレクターの柴田恭亨さんに参入の背景や今後の展開について伺いました。

 

リアリティを持って「暮らしを豊かにする」ために

―まずはFREAK’S HOUSEのコンセプトを教えてください。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS

街を歩けば、当たり前のように目にする“自動販売機”——現金を入れれば、飲み物が出てくる。長い間、変わることのなかった自動販売機の形ですが、スマートフォンの普及を機に、ここ数年で大きな進化を遂げています。

 

その代表的な例が、JR東日本ウォータービジネスが展開する「イノベーション自販機」。「これまでにない『自販機での新しい価値体験を提案し続ける』をコンセプトとした、「アキュアの自販機」の新たなラインアップです。 

これまでの自動販売機と違い、独自のスマートフォンアプリ「acure pass(アキュアパス)」と連動し、事前にアプリで商品を購入した後に、「イノベーション自販機」にQRコードをかざして受け取る「マイドリンク受取」や、アプリにクレジットカードを登録し、QRコードをかざすことで商品の後払いが可能な「後払い受取」といった、お客さまのスタイルに合わせた新しいドリンクの購入方法を提案しています。また、アプリだからこそできる新しいサービスとして、SNSを通じて購入したドリンクを家族や友人へプレゼントするといったこともできます。 

また、同自販機は「デジタルサイネージアワード2017」でインタラクティブ部門に入賞するなど、業界内外から大きな注目を集めています。なぜ、JR東日本ウォータービジネスはイノベーション自販機を開発しようと思ったのか。同社のイノベーション自販機プロジェクトチームのリーダーを務める、飯島俊介氏に話を伺いました。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS

時代を彩るアイコンに会い、ミレニアル世代の実態に迫る企画「#ミレニアルズ解剖」。今回はシェアリングエコノミーを通じた新しいライフスタイルの提案し、内閣官房シェアリングエコノミー伝道師にも任命されている石山アンジュさん。都内のシェアハウスに住み、実家もシェアハウスを運営するなど、まさにシェア文化が身近にあった彼女。

 

会社に勤めながらも副業制度を活かし、様々な活動に積極的にチャレンジしている石山さんの生い立ちや価値観、シェアリングエコノミーの未来についてお聞きしました。

石山アンジュ

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS

ここ数年ではシェアハウスの流行が著しく、それに伴いプライベート空間を重視するソーシャルアパートメントという住み方も広がっています。ソーシャルアパートメントとは自分の空間と時間を確保しながら、人との交流や繋がりを求めて集まる新しいライフスタイルです。また、一人暮らしでは実現できないようなリッチな共用施設があることもメリットの1つです。


スタイリッシュなワーキングスペースも


  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS

最新スマホからVRアトラクションまで体験できる

SAMSUNG電子(サムスン電子)のブランドであるGalaxy(ギャラクシー)は、Galaxy Studio Tokyo(ギャラクシースタジオ トウキョウ)を、2017年5月26日から2017年7月3日まで、「原宿 BANK GALLERY」(東京都渋谷区)で開催します。Galaxy Studio Tokyoは、最新スマホ「Galaxy S8」、「Galaxy S8+」の製品体験や、Galaxy製品である「Gear VR」、「Gear S3」、「Gear 360」を楽しみながら体験できるコンテンツが多数揃えられた、まさに屋内テーマパークとなっています。


  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS

売上高に占めるEC比率を40%から50%に高めるー。

人気セレクトショップの「nano・universe(以下、ナノ・ユニバース)」が今年2月、ECサイトに注力していくことを発表しました。

 

ECサイトのコンテンツ拡充を目的に、最近、インタラクティブ動画作成サービス「Spotful(スポットフル)」を活用した“触れる動画”を公開。動画を見ながら直感的にショッピングを楽しめるようにするなど、オンラインでの新たな購買体験を提供しています。


  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS

ほとんどの人が一度は経験するであろう、就職活動。企業と学生、双方の価値観や志向性がマッチすることで“採用”となるわけですが、そこに至るまでの過程でお互いに本音で語り合うことはできているでしょうか?

 

「弊社を志望した理由はなんですか?」

「私が御社を志望して理由は〜〜〜」

 

きっと多くの人は“相手に求められている”であろう答えを事前に用意し、それを話します。そのため、就職活動においてお互いの本音がぶつけられることは、ほとんどありません。

 

そこに着目し、一風変わった説明会を開催した会社があります。その会社とは博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ。同社は2017年4月8日〜12日にかけて開催した自社説明会内の特別プログラムとして、「絶対に本音で話さざるを得ない説明会」を開催しました。

 

この説明会は、特殊な技術によって社員の説明に対するモヤモヤ度を測定し、モヤモヤ度が高かった説明をした社員には、上司や後輩、同僚、家族といった身近な存在がサプライズで登場し、改めて同じ質問に答えるように促す、というもの。“普段の自分”を知る存在が現れたということで、社員は本音で話さざるを得ないというわけです。

 

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS

2017年3月12日〜15日にかけて、米テキサス州オースティンで開催された「サウス・バイ・サウスウエスト・トレードショー(以下、SXSW)」に未来の東京ファッションやVR、IoTをテーマにしたブースを出展したり、VOYAGE GROUPと共同でVRショッピング「VR PARCO」をオープンしたり、テクノロジーの活用に注力している株式会社パルコ。

 

また、同社が運営するショッピングセンター「PARCO」は、ショップスタッフが運営する店頭運営型EC「カエルパルコ」や、スマホを通じた新しい「個」客接点=アプリ「POCKET PARCO」など、オムニチャネル戦略も推し進めています。

 

パルコがテクノロジーの活用に注力することにした背景には何があったのか?そして、将来的に店舗をどうしていきたいのか? 今回、株式会社パルコ 執行役 グループICT戦略室担当の林直孝さんに話を伺ってきました。

 

「デジタル化が遅れている……」という危機感がテクノロジー活用の発端に

ー林さんが所属されている「グループICT戦略室」というのは、どのような部署なのでしょうか?

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS

 

イベントマーケティング・SNSマーケティングの情報を発信するWebメディア「COMPASS」(コンパス)が主催するイベント「COMPASS Secret Salon」。その第2回目が2017年3月29日に開催されました。

 

「オフラインにおけるコミュニティづくりについて」と題した第1部のトークセッションには、株式会社伊藤園広告宣伝部 角野賢一氏が登壇。同社のシリコンバレーでの取り組みや、“お茶×ハッカソン”のイベント「茶ッカソン」をはじめとしたリアルイベントの取り組み、その重要性について語られました。モデレーターは株式会社SnSnap CMO 目良慶太が務めました。

 

スピーカー:株式会社伊藤園広告宣伝部 角野賢一

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS