category

Category: SNS
SnapChat SNS tiktok VLOG Youtube

今や、SNSを筆頭に、デジタル施策はマーケティングに欠かすことができない。特に、若者のSNS利用率はとても高く、若者にターゲティングした際、企業側もうまくSNSを活用することが求められる。

今回は、そんなデジタルマーケティングにまつわる“今さら聞けない単語”を、それらにまつわるCOMPASSの過去記事と共に紹介する。

 

IGTVをはじめとする縦型動画をおさえる

今や、SNSの利用に欠かせなくなったのがスマートフォンの存在だ。2016年には、国内の全世代のスマートフォン所持率が71%、20代の所持率が94%に達した。そして、スマートフォンの普及に合わせる形で、SNSには「縦型コンテンツ」と「動画コンテンツ」、さらにはそれらが合体した「縦型動画コンテンツ」が増加している。

例えば、昨年、Instagramは縦型動画サービス「IGTV」を開始した。IGTVは最大60分までの縦型動画を楽しめるサービスだ。IGTVが開始されるまで、Instagramには最大60秒の動画しか投稿することができなかった(フィードで最大60秒、ストーリーズで最大15秒)。この大幅な投稿サイズの増加は、動画コンテンツの需要の高まりを象徴している出来事と言える。(IGTVの詳細については

SNS WeChat Weibo

中国版Twitterと呼ばれている Weibo / 微博(ウェイボー)は中国最大級のSNSであり、アクティブユーザー数は4億1100万人に達した。(2018年3月時点)人民網日本語版より)

そんなビッグプラットフォーム・Weibo は2019年・春節に1億円のお年玉企画を実施した。

日本でも、今年の正月にファッション通販サイトZOZOTOWNを運営する前澤友作社長が、総額1億円のお年玉プレゼントをTwitter上で行いたちまち話題となった。こういった「お年玉企画」は中国SNSではより大掛かりに頻繁に行われる。

今回、春節に行われたWeiboのお年玉企画を紹介する。

 

Alipayのキャンペーンから拡散された”錦鯉”は2018年中国ネット流行1位に。

Other SNS Youtube

バーチャルリアリティ、VRという言葉が一般的に普及しだした昨今。

VRの家庭用装置の販売も進み、VRが楽しめる施設も増加している。

今回はそんなバーチャルリアリティという概念の歴史や現状を振り返ることで未来を見据えたい。

 

1935年に誕生した「バーチャルリアリティ(VR)」という概念

バーチャルリアリティとは、現実ではないが、ユーザーの五感を含む感覚を刺激し、あたかもリアルのように感じる空間を理工学的に作り出す技術や体験のことを言う。

初めてVRという概念が登場したのは1935年。アメリカのSF作家・スタンリイ・G・ワインボウムが書いた短編小説「Pygmalion’s Spectacles」に、ゴーグル型のVRが登場している。

Other SNS Youtube

はじめまして。19歳マイルドギャルのノリッコです。

日中は理工学部で勉強している大学1年生で、毎晩、17LIVEでライバーとして配信しています。

17LIVEでライブ配信をしていると言うと、結構な割合で「今っぽいね!」「他のアプリとは何が違うの?」などと聞かれることが増えました。

自身の配信や他のライバーの配信を研究してきた上で、配信者の視点で気づく、ライブ配信の特徴や違い、適性を解説します。

 

InstagramSHOWROOM……多様なライブ配信、何が違うの?

ライブ配信と言っても、Instagramのライブ機能やアイドルの配信の多いSHOWROOMなど、様々なサービスが登場しています。

No category Other SNS VLOG WeChat Weibo Youtube

テクノロジーの分野で急激に発展を遂げる中国。

2018年6月の時点で中国のネットユーザー数は8億200万人に達し、上半期は2017年末比で3.8%増(2968万人増)となり、インターネットの普及率が57.7%に達しました。

オンライン動画ユーザーは6億900万人で、動画コンテンツ業界の市場規模は前年比39.1%増の年間2016億元(1元は約16.33円)以上になる見込みとなっており、同業界は爆発的成長を見せています。
(参考:http://j.people.com.cn/n3/2018/0821/c95952-9492772.html

その中でも最近のトレンドとになってきているのは、「短視頻」と呼ばれる5分以内の短尺のショート動画。
グローバルでもInstagramやSnapchatなどで人気のショート動画ですが、中国でもその波は大きく、
平均的な閲覧時間は、縦型は1分以内、横型では2〜10分以内といわれています。
(参考:
https://tech.sina.com.cn/i/2018-08-26/doc-ihifuvpf8736818.shtml

Instagram SNS Youtube

いま、世間を騒がせている”バーチャルインスタグラマー”という存在をご存知でしょうか?

突如Instagramに現れたこの少女は、実際には存在しないCGで作られた架空の少女。日本で初めてのバーチャルインスタグラマーとして話題を集めています。

 

日本発の3DCGバーチャルインスタグラマー・imma.gram

@imma.gram

immaは、顔部分を3DCGで作成し、実写で撮影した体と合成したバーチャルな存在。顔も名前も明かしていないプロデューサーM氏と、CGプロダクション「ModelingCafe」が制作をしています。 

 

アカウントは2018年7月から運用され、2019年1月に発売されたCGWORLDの表紙を飾るなど各方面で話題となっています。

SnapChat SNS tiktok Twitter WeChat Weibo

2018年末、メッセンジャーアプリ WeChat が大幅アップデートを行いました。2014年以来の大幅アップデートで、中国を中心に話題となりました。
WeChatは、中国・深センに本社を構えるTencent(騰訊)が2011年にリリースした無料メッセージアプリで、Weiboなどと並び中国最大人気SNSの1つです。

日本では中国版LINEと呼ばれ、LINEと同じようにメッセージのやりとりやタイムライン機能などが搭載されています。(WeChat公式サイトはこちら

 

今回のアップデートでは、UIの大幅リニューアルのほか、中国・Bytedance社(バイトダンス社)のTikTokを意識したと思われる24時間限定公開のショートビデオ共有機能「时刻视频(タイムカプセル)」や、友だちがいいね!した公式アカウント配信をまとめて閲覧できる「看一看(トップストーリー > WOW)」機能が新規で追加されました。

Netflix SNS

映像配信大手のNetflixがオリジナルコンテンツの制作に注力し始めたことで、コンテンツ勢力図に変化が起こりつつある。

世界190ヵ国以上でサービスを展開し、全世界に1億3,000万人の会員を持つNetflix。(2018年7月発表資料より)

これまで世界的に知名度のある映画やドラマなどのコンテンツは米国発信のものがほとんどだったが、Netflixによって世界各地のユニークなローカルコンテンツがグローバルに流通し視聴者の支持を得るようになってきたのだ。
本記事ではコロンビアの現地情報をもとにNetflixによるグローバル規模でクリエイターを巻き込んだ”適地適作”なコンテンツ戦略の様相を解き明かす。

 

潤沢な予算で適地適作なコンテンツ制作を進めるNetflix

2017年10月16日、Netflixは2018年のコンテンツ予算額は80億ドル(約9000億円)予定と発表。しかし、予算額はそれ以上に膨らんだと推測されている。

Instagram SNS

前回は日本のInstagramトレンドや利用率をお伝えしたが、今回はグローバルなトレンドからストーリーズを利用したブランディング例や広告事例をお伝えする。

【2018年最新】4人に1人がハッシュタグ検索。日本のInstagramトレンド

グローバルトレンドはやっぱり「縦型動画」

2018年は、Instagramに様々な新機能が追加された。

なかでも大きな話題となったのは、長尺動画「IGTV」や、フィードやストーリーから商品が購入できる「ショッピング機能」などだ。
ここから見ても分かるように、Instagramはこれまでの写真コミュニティから発展し、徐々に動画プラットフォームとしての役割を果たしている。

Instagram SNS

Instagramコミュニティの拡大が続いている。2018年11月1日、InstagramJapanはマーケター向けのイベント「Instagram Day Tokyo 2018」を開催した。この時点で、Instagramの月間アクティブアカウント数は2900万に達したと発表。Instagramにまつわるビジネスにも大きな影響を与えていることが伺える。

そこで今回は、日本のInstagramトレンドをお伝えする。

 

日本のトレンドは「ハッシュタグ検索」と「ストーリーズ」

日本では、Instagramは既に生活の一部となっている。5人に1人が目覚めの瞬間にログインし、ユーザーの20%が毎日Instagramの検索機能を利用している。

また、Instagramは女性ユーザーが多いと思われがちだが、男女比率を見ると57%女性、43%男性となっており、予想以上に男性の利用者がいることが分かる。特に、男性ユーザーの利用頻度は、去年と比べ91%増加している。