category

Category: Other
Other SNS Youtube

バーチャルリアリティ、VRという言葉が一般的に普及しだした昨今。

VRの家庭用装置の販売も進み、VRが楽しめる施設も増加している。

今回はそんなバーチャルリアリティという概念の歴史や現状を振り返ることで未来を見据えたい。

 

1935年に誕生した「バーチャルリアリティ(VR)」という概念

バーチャルリアリティとは、現実ではないが、ユーザーの五感を含む感覚を刺激し、あたかもリアルのように感じる空間を理工学的に作り出す技術や体験のことを言う。

初めてVRという概念が登場したのは1935年。アメリカのSF作家・スタンリイ・G・ワインボウムが書いた短編小説「Pygmalion’s Spectacles」に、ゴーグル型のVRが登場している。

Other SNS Youtube

はじめまして。19歳マイルドギャルのノリッコです。

日中は理工学部で勉強している大学1年生で、毎晩、17LIVEでライバーとして配信しています。

17LIVEでライブ配信をしていると言うと、結構な割合で「今っぽいね!」「他のアプリとは何が違うの?」などと聞かれることが増えました。

自身の配信や他のライバーの配信を研究してきた上で、配信者の視点で気づく、ライブ配信の特徴や違い、適性を解説します。

 

InstagramSHOWROOM……多様なライブ配信、何が違うの?

ライブ配信と言っても、Instagramのライブ機能やアイドルの配信の多いSHOWROOMなど、様々なサービスが登場しています。

No category Other SNS VLOG WeChat Weibo Youtube

テクノロジーの分野で急激に発展を遂げる中国。

2018年6月の時点で中国のネットユーザー数は8億200万人に達し、上半期は2017年末比で3.8%増(2968万人増)となり、インターネットの普及率が57.7%に達しました。

オンライン動画ユーザーは6億900万人で、動画コンテンツ業界の市場規模は前年比39.1%増の年間2016億元(1元は約16.33円)以上になる見込みとなっており、同業界は爆発的成長を見せています。
(参考:http://j.people.com.cn/n3/2018/0821/c95952-9492772.html

その中でも最近のトレンドとになってきているのは、「短視頻」と呼ばれる5分以内の短尺のショート動画。
グローバルでもInstagramやSnapchatなどで人気のショート動画ですが、中国でもその波は大きく、
平均的な閲覧時間は、縦型は1分以内、横型では2〜10分以内といわれています。
(参考:
https://tech.sina.com.cn/i/2018-08-26/doc-ihifuvpf8736818.shtml

Instagram Other SNS

近年、急速に盛り上がりを見せているライブ配信サービス。ライブ配信は、日本国内では2000年代初頭より、ニコニコ生放送やFC2ライブ、Ustreamなどによって作られていった。当時は、スマートフォンがまだ世になく、配信も視聴もPCに限られていた。そのため、配信も視聴も誰もが気軽にできるものではなかった。

そこから10年、スマートフォンのめざましい進化とともにライブ配信サービスは発展を遂げてきた。中高生が高性能のスマートフォンを一人一台持つようになったことで、どこでも気軽に配信を行えるようになったからだ。

そんなライブ配信サービスについて、2018年現在、特に話題のアプリをご紹介する。

 

「ギフト」の登場がライブ配信に変革を

ライブ配信サービスの最大の特徴は、配信者と視聴者の距離がとても近いことだ。視聴者の送ったコメントがリアルタイムで配信者に届き、配信者とコミュニケーションを取ることができる。

また、多くのライブ配信サービスには「ギフト」が存在する。これは、視聴者が配信者にサービス内の有料「ギフト」を贈ることで、配信者が収益を得られるという仕組みだ。これにより、著名人でなくとも、ライブ配信のみで生計を立てる人が登場しているのも、ライブ配信が盛り上がりを見せている一つの要因だ。

Facebook Other SnapChat Twitter

サッカー界最大の祭典「2018年FIFAワールドカップ」を舞台にしたソーシャルメディア戦略に早くも熱い視線が注がれている。

中でも最も注目されているのが、全米4大テレビネットワークの一つ、フォックス(FOX)だ。2018年のワールドカップ放送に際し、TwitterとSnapchatで関連番組や動画コンテンツの配信を行う。


ソーシャルメディアの特徴を生かしたアプローチ

フォックスは現時点で、若年層に強い訴求力をもつSnapchatを積極的に活用する方針を示している。

試合のハイライトを編集したスナップを日々提供するほか、同じイベント会場などにいるユーザー同士が写真や動画メッセージを投稿しあえるようにする予定だ。

Other

SNSの使い方は、自分の生活を投稿するだけにとどまらない。意見の発信や、情報交換など、多様に活用されている。そして、近年ではSNSを使って社会的メッセージを発信する人が増え、またその活動も活発になっている。

 

例えば数年前には、様々なSNS上で「アイスバケツチャレンジ」の動画が話題となった。この動画は、バケツの中に入れた氷水を頭からかぶるものだ。FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏や、マイクロソフト元会長のビル・ゲイツ氏、米国元大統領のバラク・オバマ氏を初め、多くの著名人が参加したことで大きな話題を呼んだ。この動画は、未だ治療法の見つかっていない難病の研究を支援するために行われた。

 

そして、アイスバケツチャレンジに倣い、ソーシャルグッドな活動を行うプラットフォームが誕生した。それがThe Santa Clause Affect(サンタクロース アフェクト)だ。


社会貢献に積極的なミレニアルズ

このような運動が起こる背景に、SNSの利用が特に活発な若者を中心に、社会意識が高まっていることが挙げられる。

 

Other Tinder

Tinderの勢いが止まらない。現在Tinderは、世界中に5000万人ものアクティブユーザーを抱えている。またTinderでは、毎日2600万件のマッチングが成立し、毎週150万件のデートが行なわれている。

 

しかし、従来のマッチングサービスと異なり、年収や資産を元にマッチングを行うサービスが話題となっている。それが、SeekingArrangement(シーキングアレンジメント)だ。


ビジネスエリートが自分好みに作り上げた

SeekingArrangementの創業者はMITで電気工学を学んだ後、MBAを取得したBrandon Wade氏。経営コンサルファームに勤務後、GEへ転職しITインフラの管理マネージャーを務めたビジネスエリートだ。

 

そんなWade氏であるが、既存のマッチングサービスにおけるマッチングの成果はよくなかった。そこで、Wade氏は自ら自分好みのマッチングサービスを立ち上げることにした。これが現在のSeekingArrangementの原点である。

Other Tinder

世界中で5000万人以上のユーザーがいるTinder(ティンダー)を始め、マッチングアプリが世界的に流行しています。ミレニアルズ世代にとっても、インターネットを通じて人と出会うことはなんら抵抗のあるものではありません。

 

そんな中、限られた人しか登録することができないマッチングアプリ「Raya」(ラヤ)がひそかに話題となっています。「セレブリティのためのTinder」と称されるRayaとは一体どのようなアプリなのでしょうか?


マッチングアプリのイルミナティ


Other

エアタグとは、スマホのカメラを通して、風景に仮想的に添付できる情報のこと。最初にこの機能が登場したのは、「セカイカメラ」(2017年現在はサービス終了)というiOSアプリでした。

 

エアタグは“デジタルなポストイット”とよく表現されます。その名の通り、位置情報を利用し、ユーザーが現在いる場所から見ているものに対して、ARでデジタルに情報を残しておくことができます。

 

ユーザーが情報を残しておきたいと思った場所で、エアタグを利用できるアプリを用いて写真を撮影し、そこに文字やスタンプなどの情報を自由に追加するが可能です。情報はその場所に残り、別のユーザーがその場所を通りかかった際に同じアプリを使うと、ユーザーの画面上でも同じ情報を共有することができるのです。


Other

今や、TwitterやFacebook、Instagramなど、様々なSNSが存在します。その中で、ユーザーが好きなときに好きなことを投稿するだけでなく、投稿された内容に対して議論することができるSNSが存在します。それがRedditです。


2
億人以上のユーザーが参加するReddit

Redditは、2005年にアレクシス・オハニアンとスティーヴ・ホフマンによって設立された、ソーシャルブックマークサイトです。ソーシャルブックマークサイトとは、ウェブサイトへのリンクを収集・公開するサイトで、2017年6月現在、2億人以上のユーザーがいます。RedditユーザーはRedditorと呼ばれます。ユーザー名とパスワードの設定をするだけの簡単なアカウント登録を済ませると、誰でも新しいトピックを作ったり、コメントを投稿することができます。

Redditは2016年12月時点で、世界で24番目に利用者の多いウェブサイトとなっている他、アメリカ国内では7番目にランクインしています。また、2012年のNYMag.comによると毎月3,500万人の人が新しくRedditに登録しています。


ユーザーの投票でトピックをランク付ける