category

Category: SnapChat
SnapChat SNS tiktok VLOG Youtube

今や、SNSを筆頭に、デジタル施策はマーケティングに欠かすことができない。特に、若者のSNS利用率はとても高く、若者にターゲティングした際、企業側もうまくSNSを活用することが求められる。

今回は、そんなデジタルマーケティングにまつわる“今さら聞けない単語”を、それらにまつわるCOMPASSの過去記事と共に紹介する。

 

IGTVをはじめとする縦型動画をおさえる

今や、SNSの利用に欠かせなくなったのがスマートフォンの存在だ。2016年には、国内の全世代のスマートフォン所持率が71%、20代の所持率が94%に達した。そして、スマートフォンの普及に合わせる形で、SNSには「縦型コンテンツ」と「動画コンテンツ」、さらにはそれらが合体した「縦型動画コンテンツ」が増加している。

例えば、昨年、Instagramは縦型動画サービス「IGTV」を開始した。IGTVは最大60分までの縦型動画を楽しめるサービスだ。IGTVが開始されるまで、Instagramには最大60秒の動画しか投稿することができなかった(フィードで最大60秒、ストーリーズで最大15秒)。この大幅な投稿サイズの増加は、動画コンテンツの需要の高まりを象徴している出来事と言える。(IGTVの詳細については

SnapChat SNS tiktok Twitter WeChat Weibo

2018年末、メッセンジャーアプリ WeChat が大幅アップデートを行いました。2014年以来の大幅アップデートで、中国を中心に話題となりました。
WeChatは、中国・深センに本社を構えるTencent(騰訊)が2011年にリリースした無料メッセージアプリで、Weiboなどと並び中国最大人気SNSの1つです。

日本では中国版LINEと呼ばれ、LINEと同じようにメッセージのやりとりやタイムライン機能などが搭載されています。(WeChat公式サイトはこちら

 

今回のアップデートでは、UIの大幅リニューアルのほか、中国・Bytedance社(バイトダンス社)のTikTokを意識したと思われる24時間限定公開のショートビデオ共有機能「时刻视频(タイムカプセル)」や、友だちがいいね!した公式アカウント配信をまとめて閲覧できる「看一看(トップストーリー > WOW)」機能が新規で追加されました。

SnapChat SNS

2011年からアメリカでサービスを開始し、日本でも注目されているアプリ、Snapchat(スナップチャット)。

日本での認知から数年が経ち、Instagramのストーリー機能に取って代わられたように思われがちだが、まだまだ中高生の間ではコミュニケーションツールとして利用されているようだ。いまはSnapchatをどう利用しているのか?現役女子高生のインタビューから探った。

 

Snapchatの機能とは

Snapchatはそもそもどのようなアプリかご存知だろうか。最大の特徴は、エフェメラルSNSと呼ばれる、送信した画像や動画が一定秒数経った後に自動的に削除されるアプリ。繋がっている友人や、参加しているグループ内で、写真や動画をチャット形式で共有できるサービスだ。この点は現在のInstagramのストーリーと似ている。。エフェメラルSNSの先発はSnapchatだったため、記録が残らないという面で2016年頃からアメリカの若者を中心に大流行している。

同じく、SNOW社が提供するカメラアプリ・SNOWもこの数年で大流行となった。

SnapchatもSNOWも機能はほぼ同じで、顔認証でのメイク加工の機能がアップデートされてから爆発的に中高生を中心に人気となった。

人と人との繋がりを最重要視するSNSにおいて、自身が投稿する内容やリアクションまで気を使う「SNS疲れ」が広がりつつある中、記録が残らない気軽さがSnapchatの流行の一番の理由と考えられる。

 

Facebook Other SnapChat Twitter

サッカー界最大の祭典「2018年FIFAワールドカップ」を舞台にしたソーシャルメディア戦略に早くも熱い視線が注がれている。

中でも最も注目されているのが、全米4大テレビネットワークの一つ、フォックス(FOX)だ。2018年のワールドカップ放送に際し、TwitterとSnapchatで関連番組や動画コンテンツの配信を行う。


ソーシャルメディアの特徴を生かしたアプローチ

フォックスは現時点で、若年層に強い訴求力をもつSnapchatを積極的に活用する方針を示している。

試合のハイライトを編集したスナップを日々提供するほか、同じイベント会場などにいるユーザー同士が写真や動画メッセージを投稿しあえるようにする予定だ。

SnapChat

 

米国ホテルグループのマリオットホテルは、欧米、南米、アフリカ、日本を含むアジアなど、世界各地にホテルを展開しています。2017年春、マリオットホテルはSnapChatを活用したインフルエンサーマーケティングを実施しました。

 

その内容は、インフルエンサーを登用した動画広告シリーズ「Marriott Rewards Presents 6 Days」をSnapChat上で隔月計4回流すというものでした。プロモーション内容と、その狙いは一体何なのでしょうか。


ミレ二アル世代を囲い込みたいマリオットホテル


SnapChat

Snapchatは2017年6月21日に新しいアップデートを行いました。そこで新しく追加された機能が「Snap Map」です。Snap Mapは、位置情報を利用したサービスで、友達がどこにいるのかを、リアルタイムにマップ上で確認することができます。


リアルタイムで友達の位置を知る「Snap Map」とは?

Snapchatを起動し、カメラ画面で画面をつまむとSnap Mapが起動します。

SnapChat

Under Armour(アンダーアーマー)が、Snapchatのディスカバー内で展開した広告は話題となっています。インタラクティブなゲームが行えるプロモーションとなっており、アメリカの一部地域で話題となっています。昨今では、ディスカバー内での「体験」を意識したプロモーションが活発になってきています。特に、今回のアンダーアーマーのプロモーションが注目を集める理由は、体感型であり、エンゲージメントが高いことが挙げられます。

スポーツを疑似体験することができるインタラクティブゲームとは

image00

Instagram SnapChat Twitter

今年3月から来年1月まで行われるアメリカ次期大統領候補選。今回の選挙では、若い世代の有権者たちの投票が鍵となると言われてます。特に今回注目したいのは、SNSを用いた選挙活動が盛んに行われているということです。選挙も終盤に近づいていますが、一連の選挙活動ではどういった形でSNSを使いこなしていたのか、SNS別に選挙活動の動きを追っていきたいと思います。

トランプ氏は世界中で2時間のみ使用できるフィルターを / Snapchat

Snapchat(スナップチャット)を使った選挙キャンペーンでは、候補者たちによるジオフィルターでの施策が多く見受けられました。

SnapChat

先日、Snapchat(スナップチャット)が360°動画を使って、映画のプロモーションを初めて実施しました。Snapchatでは、自身が撮影した動画を友人とシェアし、一時的にシェアもしくは半永久的に動画・写真を保有することができます。Snapchatが、どういった新広告フォーマットを導入し、今回のプロモーションを実施したのか、真相に迫っていきたいと思います。

プロモーションの全貌とは?

このSnapchatが今回新に導入した、360°動画は、ハンテッドホラー映画の『Don’t Breathe(ドントブリーズ)』

SnapChat

画像:BURBERRY 公式Instagramより

こんにちは、石井リナです。

ファッションブランド「BURBERRY」(バーバリー)といえば、ファッション業界においてデジタルプロモーションのイノベーターとも言えるポジションを確立しています。LINE LIVE CAST(ラインライブキャスト)によるコレクションの生放送をいち早く導入したり、WeChat(微信)上で自分の名前を打ち込みオンラインコレクションの招待状をもらい、閲覧出来るようにする施策など、幅広く、そして革新的なプロモーションを仕掛けています。