category

Category: GLOBAL
FEATURED GLOBAL

ここ2年の間でアメリカを中心に爆発的なブームを見せる、”シェアリングキックスクーター”をご存知だろうか?

昨今、ミレニアム世代を中心とした”物を所有しない価値観”を背景に、多種多様なシェアリングエコノミーサービスが世界中で登場している。その中でも世界的に非常に大規模な市場を持つのが乗り物や移動手段などのモビリティ市場だ。

現在、モビリティシェアサービスは、時価総額約11兆円のUberやLyftで知られる車のシェアだけでなく、自転車や電動キックスクーター(以下:キックスクーター)などその幅を広げている。本記事では、2017年にアメリカで登場して以来、劇的な盛り上がりを見せるキックスクーターのシェアサービスについて紹介し、今抱えている課題点や、日本での普及の未来について想像していく。

キックスクーターの2大企業は、元Uberの重役が仕掛けるBirdとGoogleから出資を受けるLime

1985年に世界初の電動キックスクーターが発表された。その後、2002年のセグウェイの開発によって注目が集まり世界的な普及を期待されたが、当時のぎこちない機体では普及が難しく、爆発的に広がることはなかった。

それから10年が経ち、大幅なコストカットもできたキックスクーターは徐々に移動手段としてアメリカを中心に普及しはじめる。

そして、2017年にUBERとLyftで重役を務めたトラビス・バンダーザンデンがUBERを退職後にシェアリングキックスクーターサービス「Bird」を設立。

ライドシェアリングの最大手の重要人物だった人間が、キックスクータービジネスも仕掛けているのだ。Birdは今夏までに欧州と中東の50都市でサービスを展開すると発表したばかり。

同じく2017年、Birdの競合とされる「Lime」もサービスをスタート。

FEATURED GLOBAL

「定額制」でサービスを受けることができる、サブスクリプション型のサービスが日本でも盛り上がりを見せている。

代表的なサービスは、Amazonプライムや音楽配信のSpotifyやAppleMusicや、映像配信のNetflixやHuluだろう。
特に音楽配信のサブスクサービスは、年々会員数の増加が見込まれている。

ICT総研の予測では2017年末時点で約1780万人の利用者数が、2020年末に2270万人に増加すると予想している。

 

そんな「サブスクリプションサービス」だが、これらが流行るのはなぜか?また、今後どのように広がって行くと見込まれるのか、背景にある消費行動の変化と海外の事例をもとに紐解いて行く。

 

「物を所有しない」ミレニアル世代の消費行動の変化が背景に。

FEATURED GLOBAL

今年も米国ラスベガスにおいて世界最大の家電見本市CES(Consumer Electric Show)が開催された。CESは世界中の最新ガジェットが展示される業界向けの見本市。

今年のCESには18万人以上が来場し、4,400社以上の企業が出展した。

CESは世界から集まった最新テクノロジー機器から、その年の技術トレンドを予測することができるとして毎年注目を集めている。

今回出展された最新テクノロジーを世界が抱える社会課題を背景とともに紹介していく。

 

来る食糧不足に備えた人工肉ビジネス。インポッシブル・バーガーの可能性

2050年には世界の人口が現在の74億人から96億人に増加するといわれている。

FEATURED GLOBAL

近年、シェアハウス、コワーキングスペースといった、住む場所やオフィス環境を多くの人と共有するサービスが注目されている。

これらにIT技術の発達も相まり、住む・働く・旅の境界線がなくなり、リモートワークやフリーランスといった新しい働き方が提案されてきている。日本でも政府主導で「働き方改革」も進められており、働き方が大きく変わろうとしている。

ミレニアル世代を中心に拡大する、新たな働き方はどういったものなのか。その背景と、新たなトレンドの予感を探る。

 

ミレニアル世代に広がる「自由な働き方」

そもそも、なぜ場所や時間に囚われない、リモートワークやフリーランスといった働き方が注目されているのか。それにはまず、彼らの働き方に対する価値観が変わってきているからだろう。

米クラウドソーシング大手Upworkが行った

FEATURED GLOBAL PROMOTION

<p><span style=”font-family: Arial, Meiryo, ‘メイリオ’, sans-serif;”>飲食分野でのテクノロジー分野は世界で注目されている。日本でも、人工知能が作るクレープ屋さん「エスプリ・ド・エスプリ」や、レシピ開発を行うAI「シェフ・ワトソン」が登場するなど飲食xITは日進月歩だ。</span></p>
<p>&nbsp;</p>
<p><span style=”font-family: Arial, Meiryo, ‘メイリオ’, sans-serif;”>そんなフードテックの先端を行く異色の飲食店は、2011年、テクノロジースタートアップのメッカであるシリコンバレーに出現した。グリルチーズサンド店「The Melt」だ。</span></p>
<p><span style=”font-family: Arial, Meiryo, ‘メイリオ’, sans-serif;”> 来店前にオンライン(アプリ)で商品を選択し注文でき、店舗で列に並ぶ必要なくスマホのQRコードをスキャンし熱々のグリルチーズサンドをすぐに受け取れる。</span></p>
<p><span style=”font-family: Arial, Meiryo, ‘メイリオ’, sans-serif;”>飲食におけるオンラインとオフラインを融合させた、新たな購買チャネル創造の事例として紹介されてきた。</span></p>
<img class=”wp-image-6297″

BRANDING FEATURED GLOBAL PROMOTION

GUCCI YouTubeより

先日の記事で取り上げた時計ブランド「ダニエルウエリントン」をはじめ、新興ブランドがミレニアルズから支持を集めている。新興ブランドはマーケティング戦略において、ミレニアルズに馴染みがあるソーシャルメディアやインフルエンサーを活用し、ゼロから認知度を上げてきた。

一方、既存の高級ブランドはどうだろう。一般的にミレニアルズを主要顧客として取り込んでいるイメージはあまりないのではないだろうか。ミレニアルズの多くは、経済的にも高級ブランドに手が届かないと考えられるから、それは当然なことともいえる。

しかし、それは通俗観念なのかもしれない。1921年創業の老舗高級ブランド「グッチ」は、ミレニアルズを取り込むことに成功しているようだ。