category

Category: Twitter
Twitter

SNSを活用し、プロモーションをするブランディングをする企業も数多く増えてきました。しかし、運用管理の甘さや、間違った対応が原因で、消費者や社会に誤解を与えてしまうこともあります。企業の信頼を、一瞬にして失墜させることがあることも、SNS運用者はきちんと知っていなければなりません。そこで、今回は、海外で炎上した企業SNSの事例をご紹介していきたいと思います。

①不適切な対応で炎上 / ALDI

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
Instagram SnapChat Twitter

今年3月から来年1月まで行われるアメリカ次期大統領候補選。今回の選挙では、若い世代の有権者たちの投票が鍵となると言われてます。特に今回注目したいのは、SNSを用いた選挙活動が盛んに行われているということです。選挙も終盤に近づいていますが、一連の選挙活動ではどういった形でSNSを使いこなしていたのか、SNS別に選挙活動の動きを追っていきたいと思います。

トランプ氏は世界中で2時間のみ使用できるフィルターを / Snapchat

Snapchat(スナップチャット)を使った選挙キャンペーンでは、候補者たちによるジオフィルターでの施策が多く見受けられました。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
Facebook Instagram Twitter

8月21日に閉幕したリオデジャネイロオリンピック(以下リオオリンピック)。世界中が自国の選手の応援と、メダルの行方に熱中していた2週間あまりの時間はこれまでの五輪と変わりありませんが、実は今年から国際五輪協会によって、公式スポンサーでない企業による、オリンピックに関するSNS投稿に厳しい規制が入りました。

その内容は、自社の公式SNSアカウントでのトライアルや試合に関する投稿、#Rio2016や#TeamUSAなどのハッシュタグを含むトレードマークの使用禁止といったものです。報道関連企業以外は、五輪公式アカウントの投稿のシェアやリポストが禁止されており、非常に厳しい規制となっています。

そんな限られた企業のみ許されたSNS投稿ですが、SNSを上手く運用し自社のブランディングに活用している公式スポンサー企業もいます。その企業は、スイスの高級腕時計メーカーOMEGA(オメガ)です。

公式タイムキーパーとして“記録”がテーマのハッシュタグを投稿

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
Instagram Other SnapChat Twitter

DIESELが発表した、2016_/SS(スプリング・サマー)コレクションは、若いターゲット層を一点に絞った斬新な戦略に出ました。特に企業が、ターゲットとするミレニアル世代は、消費活動が消極的な世代ということで有名です。企業がこの世代を顧客として取り込むことは容易な事ではなく、海外でも社会問題になっているほどです。

DIESELがミレニアル世代をどの様に表現し、どうアプローチしていったのか迫っていきます。

インターネットありきの生活をアイロニックに表現

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS
SnapChat Twitter

 画像:ODYSSEY より

DanielとJosh はSnapchat上に投稿した動画がきっかけで、有名になった、バイラルスターと呼ばれるアメリカの高校生です。その投稿内容は同級生をからかっただけの投稿ですが、瞬く間に拡散され、テレビに出演するに至ります。

  • LIKE@COMPASS
  • FOLLOW@COMPASS